<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
江戸意匠
c0028133_2243555.jpg
c0028133_22431098.jpg
c0028133_22431523.jpg
c0028133_22432035.jpg

2007.3.20(tue)-3.25(sun)にGALLERY le bainで行われました 江戸意匠 MAISTER MEETS DESIGNER 『床の間から日常へ』へ出品しました作品の写真ができてきました。(撮影 阿部良寛)

江戸の伝統技術と心意気を現代に継承する名工と道具達を日常生活のシーンに復活させたいと願うクリエーターが取り組む正真正銘のMADE IN JAPANプロダクツが『江戸意匠』のコンセプトです。

そこでトラフは江戸切子師の大久保 忠幸氏と組み「キリコ ボトル」を提案しました。
切子は美しくとても高度な職人技だが、いまや記号のようになってしまっている。
だが いつも目にしているボトルに切子がなされていたら ハッとするのではないか。 例えば しょうゆビンなら魚のうろこ模様、牛乳ビンには牛柄、七味のビンは振る行為や穴に注目して、おみくじを入れたりした。

醤油ビン、牛乳ビン、ワインボトルなど食卓のレギュラーたちが、江戸切子の技術によって生まれ変わる。
そのささいな卓上の変化が日常の生活を豊かにする。
by torafu_architects | 2007-04-28 22:43 | Torafu works
WESTERN U.S.A.
第3回サカイリブデザインコンペで賞を頂き、副賞として米国西海岸建築視察ツアーに招待され行ってきました。超ハードに建築を毎日たくさん見て回りました。
とても絞るのは難しいですが BEST5!
堂々の1位は
c0028133_2338558.jpg
c0028133_2339118.jpg
c0028133_2339646.jpg
c0028133_2339107.jpg
c0028133_23391475.jpg
c0028133_23391846.jpg

ルイス・カーンのソーク生物学研究所(1965年)
古びるどころかますます輝きを放っていくと思う。見所満載。
2位は
c0028133_23412739.jpg
c0028133_23413330.jpg
c0028133_23413824.jpg

c0028133_23414349.jpg
c0028133_2341509.jpg

c0028133_2342216.jpg
c0028133_234266.jpg

レム・コールハースのシアトル中央図書館(2004年)
レムらしい大胆な編集能力が発揮されている。
3位は
c0028133_23433993.jpg
c0028133_2343445.jpg
c0028133_23434878.jpg
c0028133_23435294.jpg

チャールズ・ムーアのシーランチ・コンドミニアム(1965年)
1日かけて見に行きました。天気もよく、中にも入れました。外壁の杉板は6ヶ月前に張り替えたそうです。
4位は
c0028133_2345166.jpg
c0028133_23452118.jpg

ヘルツォーク&ド・ムーロンのデ・ヤング美術館(2005年)
表層が面白い。建物のスケールが少し大きすぎる。
5位は2つ
c0028133_2347422.jpg

フランク・ゲーリィのディズニー・コンサートホール(2003年)
c0028133_2347104.jpg

ジョージ・ワイマンのブラッドベリー・ビル(1893年)

そのほか クラスカにかかわりながら見ていないのーといわれ続けてたデザインホテル群をひとまず見とけたのは良かった。
エース・ホテル
LAダウンタウン・スタンダード・ホテル(コニング&アイゼンバーグ)
モンドリアン・ホテル(フィリップ・スタルク)
by torafu_architects | 2007-04-27 23:39 | America
ブーリアン
c0028133_2329848.jpg
c0028133_23291424.jpg
c0028133_23291971.jpg
c0028133_23292388.jpg
c0028133_23292891.jpg

ブーリアン(東京大学医学部教育研究棟カフェコーナー)を写真家の阿野太一さんに撮っていただきました。一部UPします。今日は新建築社の撮影が雨のなかですが行われました。
by torafu_architects | 2007-04-17 23:29 | Torafu works
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
シドニー・ポラック監督による建築家フランク・ゲーリーの映画がいよいよ初夏にBunkamura ル・シネマにてロードショーされます。クラスカにチラシが置いてありました。とても楽しみです。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリーSKETCHES OF FRANK GEHRY
初夏ロードショー予定

監督:シドニー・ポラック
出演:フランク・ゲーリー デニス・ホッパー 
ジュリアン・シュナーベル

2005年/アメリカ・ドイツ/84分
配給:ワイズポリシー

近代建築の巨匠フランク・ゲーリー。代表作であるビルバオのグッゲンハイム美術館をはじめロサンゼルスのディズニーシンフォニーホール、MIT(マサチューセッツ工科大学)のステイタ・センター、ベルリンのDG銀行などを手がけ、また近年ではティファニーのジュエリーデザイナーとしても注目を集める彼の創作過程やプライベートを追ったドキュメンタリー。いかにしてあの独創的な建築物が創り上げられるのか…、カメラはゲーリーのスタジオ、建築現場、自宅に入り長時間にわたって撮影し、その真相に迫る。
監督は「愛と哀しみの果て」でアカデミー賞計7部門を獲得したシドニー・ポラック。建築家の故フィリップ・ジョンソン、ゲーリーに自宅の建築を依頼したデニス・ホッパー、映画監督のジュリアン・シュナーベルなど交遊のある著名人らも出演、彼の仕事に対して賞賛を寄せている。

前売り券情報
特別鑑賞券1500円(税込)好評発売中 
[当日料金1800円(税込)]
劇場窓口にてお買い求めの方に、
オリジナルポストカードをプレゼント(限定数)
by torafu_architects | 2007-04-17 16:05 | Art
とたんギャラリー
「MIZUITO」でトラフも参加しました とたんギャラリーのHPにて「○○の終わり」が始まっています。第1回は五十嵐太郎さんです。
ギャラリー住人の大川さんが 阿佐ヶ谷住宅日記07.03.22に見学に訪れたブーリアンのことを書いてくれました。
by torafu_architects | 2007-04-16 13:25 | Art
住宅
c0028133_20584393.jpg

横浜の菊名で友達の両親の家を設計しています。
基本設計が終わり、実施設計に入りました。
S造で平屋の家です。高校の時から1年に2回位、庭でBBQをしてきた思い入れのある場所です。またBBQコナーは作らせてもらいます。年内竣工を目指しています。
by torafu_architects | 2007-04-13 20:47 | Torafu works
建築ツアー
「とらのあな AKIHABARA」 が第3回サカイリブデザインコンペで銀賞(リブボードの小口方向を意匠的に使用した点が新しいということで評価されました)を頂き、その副賞としてシアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルスを淵上正幸さんによる案内で建築ツアーに参加してきます。19日より1週間行ってきます。
現地からたくさんの写真をUPできたらと思います。

シアトル
シアトル中央図書館(レム・コールハース)
エクスペリアンス・ミュージック・プロジェクト(フランク・ゲーリィ)
セント・イグナチウス礼拝堂(スティーヴン・ホール)


サンフランシスコ
シーランチ・コンドミニアム(チャールズ・ムーア)
デ・ヤング美術館(ヘルツォーク&ド・ムーロン)
マリン郡庁舎(フランク・ロイド・ライト)
ドミナス・ワイナリー(ヘルツォーク&ド・ムーロン)


ロサンゼルス
ディズニー・コンサートホール(フランク・ゲーリィ)
カルトランス第7地区本社(モーフォシス)
科学センター学校(モーフォシス)
ビバリーヒルズ・シビック・センター(チャールズ・ムーア)
LAダウンタウン・スタンダード・ホテル(コニング&アイゼンバーグ)
シンドラー邸(ルドルフ・シンドラー)
ガーデン・グローブ教会(フィリップ・ジョンソン)

by torafu_architects | 2007-04-13 11:46 | America
ガチャピンとムック
がクラスカの前の横断歩道を渡ってきました。
c0028133_1263569.jpg

c0028133_12112314.jpg

c0028133_21135873.jpg

コンバースのシューズを履いていました。ガチャピン日記を見るとこの日は洗濯してからきたようです。
by torafu_architects | 2007-04-11 12:06 | Claska
中目黒
c0028133_12465360.jpg

中目黒の川から1本入ったところでナイキのショールームのプロジェクトを進めています。
7月末竣工予定です。帰りに川沿いに事務所がある中村竜治くんのところでお花見パーティーをしました。
by torafu_architects | 2007-04-04 12:46 | Torafu works