<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
トラフ本
c0028133_1811018.jpg

c0028133_183384.jpg

トラフ本 書店ナディッフ 神宮前本店(写真上)、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI (写真下)でも発売しています。
by torafu_architects | 2006-03-31 18:03 | Torafu works
井の頭公園
c0028133_17542395.jpg

次号の雑誌TITLEの撮影のため公園を抜け「井の頭の住宅」へ。平日なのにすごい人でした。
by torafu_architects | 2006-03-31 17:59 | Architecture
Light Village
c0028133_1152148.jpg

友人の寶神(ほうじん)君からのメイル「トラフ本、増刷したんですよね?ということで相談ですが、ライトビレッジと物物交換って可能ですか?なんだかその方が素敵な行為のよう な気がして。ハハ。」
ということで昨夜とってもいい物頂きました。
早速今日天気のいい屋上で写真撮影。シンプルな形だけど光の状況や見る角度により、いろいろな表情を持ち、見入ってしまいます。この色がついたキューブの中に溶けて入ってしまいたくなります。hhstyleオンラインショップでUPして即完売したそうです。
この作品は、原美術館等のミュージアムショップとhhstyle.comオンラインショップのみで購入可能です。原美術館オンラインショップでも販売されています。
by torafu_architects | 2006-03-31 11:52 | Art
ユトレヒト
c0028133_1543041.jpg

中目黒にある書店UTRECHT(ユトレヒト)に行ってきました。バルコニーからの眺め。
あと少しで満開です。
c0028133_15431218.jpg

UTRECHTにあるこだわりのたくさんの本の中にトラフ本も!
ここは予約制のブックショップです。とてもいいところです。
桜が散ってしまう前にぜひ行ってみてください。
by torafu_architects | 2006-03-28 15:43 | Torafu works
南洋堂書店屋上
c0028133_1532278.jpg

建築の専門書店 南洋堂 にトラフ本を置いていただきに行ってきました。
写真は新しく出来た南洋堂の屋上です。軒裏部分はステンレス鏡面仕上げとなっていて、街の様子が写りこんでいる。空と下の車や人の動きを同時にぼーとみてしまう。
『Round on the Roof』 南洋堂ルーフラウンジの建設プロセス
2006年03月27日-2006年04月08日
設計 プロスペクター
by torafu_architects | 2006-03-28 15:32 | Architecture
茶の味
c0028133_20542792.jpg

茶の味」ちょっと前に観ましたが面白かったです。山よーと三角定規の歌がいまだ頭から離れません。お勧めです。
by torafu_architects | 2006-03-13 20:56 | Art
エッグ座布団
c0028133_1151592.jpg

c0028133_11578.jpg

土曜にBankARTに友達と行ってきました。子供はいろんな遊びを考え大はしゃぎ!
by torafu_architects | 2006-03-13 11:05 | Torafu works
ODONATA
c0028133_1128546.jpg
c0028133_1129189.jpg
c0028133_1129728.jpg

ユナイテッドアローズの新ブランド「ODONATA」の計画をしています。サインを兼ねた格子のパーティションをsuper robotで製作してもらいました。来週15日が引渡しで、18日にいよいよ1号店がOPENします。
by torafu_architects | 2006-03-10 11:29 | Torafu works
リビタ撮影
c0028133_16209.jpg

新建築社の浅田さんにより「リビタ」の撮影をしてもらいました。新建築次号4月号に「UDS上海オフィス」とともに掲載されます。
by torafu_architects | 2006-03-09 16:04 | Torafu works
「食と現代美術 part2―美食同源」
c0028133_2126188.jpg

「食と現代美術 part2―美食同源」
来週の火曜14日までとなります。エッグ座布団に賞味期間シールの代わりに展示期限シールが貼ってあります。

WebライターのreikoyamamotoさんのY'not Report Revivalで「エッグ座布団」のレポートが掲載されてます。


 トラフの「エッグ座布団」は、アルネ・ヤコブセンの「エッグチェア」があるなら座布団だってありだろう、というわけで、高密度低反発ウレタンを使って鶏卵7×7×=49個分の型をとり、約30センチ四方の座布団を作った。

 展示空間もトラフが設計したもので、300箱の卵ケースを壁一面に張り、壁の上にいる鶏さんが一生懸命卵を産み落としている。床には黄色のフェルトを敷いて黄身がドロリと流れ出しているようなイメージだ(写真ダメなのが残念……)。その黄身の上に座布団がたくさん置いてあって、実際に座り心地を試せる。

 卵の上に座る瞬間ちょっと罪悪感を感じるが、座ってしまえば普通の“おさぶ”だ。が、そうやってホッと落ち着いて気を抜いていると、端から見た時に「卵を温めている雌鶏」のような格好になっているというわけ。壁を見上げると、高いところにいる偽物の鶏さんから、「いつもお世話してやってるのだから、たまには温めるの手伝ってよね!」と言われているような気分になる。はい、すみません、お手伝いします(笑)。

 ちなみに期間中、馬車道商店街にあるカステラの文明堂の喫茶室でもエッグ座布団を使用しているとか。カステラに必要不可欠な卵を是非温めてみたいもの。
by torafu_architects | 2006-03-06 11:48 | Torafu works