<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
エッグ座布団
c0028133_1125408.jpg

c0028133_11252427.jpg
c0028133_11253218.jpg

エッグ座布団オープニングパーティーでは大好評でした。
BankART1929 3階に3月14日まで展示中です。その他 カステラで有名な横浜文明堂伊勢佐木町一丁目店(TEL045-243-0002)の喫茶室にも置かれています。ぜひ見てください。
by torafu_architects | 2006-02-27 11:25 | Torafu works
「トラフ展」最終日
「トラフ展」今日までとなります。
WebライターのreikoyamamotoさんのY'not Report Revivalで「トラフ展」のレポートが掲載されてます。
by torafu_architects | 2006-02-24 13:01 | Torafu works
食と現代美術 part2―美食同源
いよいよ明日より BankART にて  「食と現代美術 part2―美食同源」 がはじまります。
エッグ座布団の会場構成を300個の卵の紙ケース、1200個の卵型発泡スチロール、紙製のニワトリで作りました。迫力あります。ぜひいらしてください。
by torafu_architects | 2006-02-23 12:02 | Torafu works
エッグ座布団工場
エッグ座布団工場レポート
c0028133_12201659.jpg

①ポリプロピレン製の型枠。はく離材をハケで塗っています。たこ焼きを作っているかのようです。
c0028133_12202342.jpg

②低反発のウレタンフォームの液を注入しています。
c0028133_12202930.jpg

③発泡中。10分待ちます。
c0028133_12203418.jpg

④簡単にはがれます。
c0028133_12203923.jpg

⑤ウレタンフォームは紫外線で劣化するので、これからバリをカットし塗装します。今回は展示会にあわせ短期間での施工となり、ポリプロピレン製の型枠です。アルミや鉄で型枠を製作すればバリはでないということです。気泡ができてしまったり一度では難しいです。製品化に向けて、ウレタンフォームの硬さもいろいろ調整してみようと思います。


「食と現代美術 part2-美食同源」今週金曜日からはじまります。
卵を入れる紙パック300個を利用して会場構成します。
ぜひいらしてください。

エッグ座布団製作協力
エープランニング
by torafu_architects | 2006-02-20 12:20 | Torafu works
エッグ座布団
c0028133_21592966.jpg


エッグ座布団

エッグチェアというアルネ・ヤコブセンによる名作椅子がありますが、日本の生活スタイルに合わせて「エッグ座布団」なるものを考えました。
7個×7個=49個の卵からなる座布団です。「エッグ座布団」の上に座ると、まるで鶏が卵を温めているかのように見えます。
見た目のユニークさに目を奪われますが、体圧分散効果の優れた高密度低反発ウレタンフォーム素材を使用しているので、おしり・腰にかかる負担を軽減する「座る」を考えた実はとっても高機能な座布団です。


24日からはじまります「、「食と現代美術 part2-美食同源」に出品する作品のCGです。
明日型が出来る予定です。それから50個 タイヤキを作るように作ります。
16日に大阪にある工場に行ってきます。
by torafu_architects | 2006-02-14 22:01 | Torafu works
modern Living
テレビ朝日modern Living 毎週月曜~金曜よる8時54分OA)に
「テンプレート イン クラスカ」が登場します。昨日、今日と撮影が行われました。僕らも少し映り話します。笑って見てください。
2月24日金曜日 夜8時54分OAです。  モダンリビングホームページより配信しているweb動画でもみれるようです。
by torafu_architects | 2006-02-10 20:57 | Torafu works
トウキョウアートリズム
アートライター白坂ゆりさんのトウキョウアートリズムで「トラフ展」の案内が掲載されてます。

二人の建築家ユニット「トラフ」

ホテルクラスカの部屋の内装と屋上の空間づくりを手始めに、活躍中の鈴野浩一と禿真哉によるトラフ建築設計事務所「トラフ」の初個展がPRISMIC GALLERYにて2月24日まで開催中だ。

テンプレート イン クラスカ(目黒 ホテル クラスカ)2004 
オープン時に見学させていただいた「テンプレート イン クラスカ」は、クローゼットやドライヤーやカバンなどさまざまなモノを、壁にスペースをつくってパズルのようにはめ込んでしまうというアイデアが楽しい。小さな部屋でも快適だし、ものと人との関わりを想像するとほほえましい。

UDS上海オフィス 2005 
UDS上海オフィスも、透明板ガラスにストライプ状の模様を蒸着したミラーで目隠して空間を分けるというアイデアで手狭にならないように設計されている。

トラフの建築は、コミュニケーションやリラクゼーションを誘発する仕掛けを用意するのではなくて、すでにある、あるいは流れの中で起こる色やかたち、動きを、さりげなく気持ちを浮き立たせるものに変質させる方向にある感じがする。
BankART 1929で開催される「食と現代美術part2-美食同源」展(2/24~3/14)にも参加するそうで楽しみだ。
by torafu_architects | 2006-02-08 11:05 | Torafu works
トラフ展
c0028133_11221615.jpg
c0028133_11222247.jpg
c0028133_1122284.jpg

寒い中、本当にたくさんの方々にお越しいただきました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。「トラフ展」会期は2月24日(金)までになります。オープニングパーティーの様子はこちらからも。
Keiji Ashizawa Design Office
落武者の行方限定50冊のトラフ本とても好評です。NO.5-50 等とロット番号が入っており数に限りがあります。次号の「デザインの現場」でこの本が紹介されます。残りわずかですのでご希望の方はお早めに。(SZN)
by torafu_architects | 2006-02-06 11:24 | Torafu works
トラフ展
「トラフ展」今日から始まりました。
展示用に作成した模型、B0の大きさに引き伸ばした写真、各プロジェクトのマテリアル、原寸モックアップ、映像、トラフ本 等盛りだくさんな展示です。
ぜひ足をお運びください。
by torafu_architects | 2006-02-01 12:44 | Torafu works