皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。
トラフスタッフの中村尚弘と申します。
先日トラフのブログでも告知させて頂きました友人の千代窪君の件で、皆様にお伝えする事があります。
昨晩9月17日に千代窪君は、ここ1、2週間心臓の状態がかなり落ち込んでいたこともあり、最後は仲間達に囲まれながら、息をひきとった事をご報告いたします。
ご声援を頂いていた折で、大変悔しい思いがありますが、ここ最近の体の状態の悪化は僕たちの予想ができていない事態でした。
約二ヶ月半ほど前から、始まった募金活動ではありますが、周囲の方やホームページを見てくださった本当に多くの皆様にご協力頂けた事をこの場を借りて御礼申し上げます。
又、募金のチラシなどを貼って頂いている場合は、破棄して頂けますよう宜しくお願い致します。今後のことなど詳細は随時ホームページ(http://fight-hiroki.jp)に更新されると思いますので、よろしくお願い致します。
皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。


ーーーーー以下原文ですーーーーーー

皆様の温かいお言葉とご支援、誠にありがとうございます!

千代窪洋輝さんは9月17日20時23分。大切なご家族、ならびにご親族、救う会メンバーに看取られ、壮絶な27歳という短い人生に幕を閉じたことを謹んでご報告いたします。
会発足以来、皆様には多大なご支援とご協力を頂き、今日まで洋輝と共に闘って参りましたが、いい報告が出来ず、本当に本当に残念に思います。幾度となく奇跡を起こした、壮絶な2年3か月の闘病生活でしたが、私共の力及ばず、受け入れがたい事実となりました。これまでの皆様の温かいご支援ご声援にあらためまして、感謝致します。誠に有難う御座いました。
尚、救う会の活動に関しましては、早急に事務局会議を行い、今後の対応策の協議等に取り掛かる予定であります。

決定事項随時更新いたしますので、宜しくお願いいたします。

「洋輝(ひろき)さんを救う会」代表 城代(きのしろ)知幸 2008.9.18


奥様 陽子さんより

代表からもありましたように、私の夫である千代窪洋輝27歳が愛するみんなに見守られながら、触れる事が出来ました。移植して元気になるというゴールに辿り着けずに本当に申し訳なく思います。
でも洋輝は何度も何度も奇跡を起こしてくれました。生きようとする気持ちの現れでした。
色んな苦しみに耐え抜き、本当に辛い闘病生活でしたが頑張ってくれました。残念な最期ではありましたが、激動の人生に幕をおろしました。 アメリカまであと一歩の所で本人も無念の最期でした。
二年前に意識不明で搬送されてから、また、救う会発足してから本当に多くの方々の温かい気持ちによく頑張ったと私は褒めてあげたいです。
今まで多大なるお力添えをいただきました事、改めて厚く御礼申し上げます。

                                           千代窪陽子 2008.9.18
by torafu_architects | 2008-09-18 17:42 | Torafu works
<< チェルフィッチュが横浜トリエン... JCD北海道支部デザインキャンプ >>